キャバドレスを着こなす|色々な種類がある

婦人

形の特徴

女の人

キャバ嬢はお客さんから指名をもらうために、自分を美しく見せる必要があります。美しいドレスを着るとその分キャバ嬢もきれいに見えるものですが、自分に合ったものを着用しないと不格好になってしまうこともあります。ドレスごとの特徴をよく知って、ドレスを着こなせるキャバ嬢になりましょう。ドレスの中で人気のあるものとしてマーメイドラインと呼ばれるタイプのものがあります。腰元までは体のラインに沿った形をしていて、足元が人魚のヒレのように広がっているのが特徴です。マーメイドラインは背中や腕周りがすっきりと開けたタイプも多くあり、スタイルに自信のあるキャバ嬢の魅力を引き立てることができます。マーメイドラインはシルエットが優雅で美しいので多くの人が着用しています。しかし、体のラインが出やすいため体型が気になる人にはあまり向いていません。お腹まわりが気になるというキャバ嬢の場合はAラインのドレスを着用しましょう。Aラインドレスは着用したときのシルエットがアルファベットのAのように見えることからそう呼ばれていますが、胸下から足元に向かって裾が広がっているのが特徴です。ゆったりとしたシルエットなのでお腹まわりや足回りの形を隠すことができます。また、裾が広がることによって切り替え部分が細く見えるので人気が高いです。Aラインは足の太さだけではなく長さをカバーすることもできます。切り替え部分が胸下にあるため足が長く見えるのです。しかし、足が短い人の場合裾が下まであると引きずってしまうこともあります。そうした人の場合丈が短いものを着用するか、ヒールの高い靴を履くことでうまく着こなすことができます。